初めて賃貸物件を借りる時の注意

初めて賃貸物件を借りる時の注意

賃貸は敷金礼金と前家賃をセットで考えよう

初めて賃貸物件を借りる時の注意
賃貸情報を見るときは敷金礼金と前家賃をセットで確認することが大切です。このセットの金額は大家さんに対して支払う金額となります。それぞれの金額の内容と意味をしっかりと理解しておきましょう。敷金は大家さんに預けておく金額であり、退去時はリフォーム費用などを引かれて残った金額は返してくれます。リフォーム以外にも家賃を支払うことができない場合などに敷金から家賃を引かれます。次に礼金は大家さんに対してお礼として支払う金額なので、退去時は戻ってこない金額です。前家賃というのは入居してから支払う家賃を前倒しで支払う金額です。

賃貸の費用として前家賃と敷金を混同している人がいますが、これは上記の説明のように全く内容が異なるので注意をしましょう。前家賃は家賃であり、単に家賃を前払いするということです。敷金は何かあった時のために最初に頭金としてお金を預けるので、退去時に何もなければお金を返してくれます。この3つのお金はセットで考えておき、賃貸情報を見るときは必ず確認しましょう。

賃貸契約をするときに敷金礼金と前家賃の内容によって初期費用がかなり変わってくるので、確認しておくことはとても大切であり基本となってきます。

Copyright (C)2017初めて賃貸物件を借りる時の注意.All rights reserved.