初めて賃貸物件を借りる時の注意

初めて賃貸物件を借りる時の注意

賃貸の初期費用を抑えるコツ

初めて賃貸物件を借りる時の注意
賃貸へ入居するための初期費用というのはかなり多くの項目から費用が発生します。どのような項目からどのくらいの費用が発生するのかをしっかりと把握しておきましょう。まず、敷金と礼金と前家賃、これは賃貸情報を見る時に必ずチェックしておくことが大切です。敷金は基本的にあってもなくてもどちらでも良いですが、礼金は無い方が良いです。前家賃は家賃なので必ず家賃は支払うことになります。次に仲介手数料は無い方が良いです。賃貸によっては駐車場付きがありますが、これは家賃と別途の費用があると出費が多くなるので、しっかりと内容を確認したいところです。火災保険は自分のために加入するほうが良いです。

まとめると、初期費用を抑えるために礼金と仲介手数料が無い賃貸を選ぶとかなり費用が浮きます。敷金は結局は退居時に費用が発生するかどうかなので、敷金があるから損をするということはありません。駐車場の費用は物件の内容次第であり、費用が大きいなら別で駐車場だけを探すと良いです。保険は加入しておくほど無難です。

初期費用を抑えるためにこうした各項目の内容をしっかりと理解しておくことがとても大切なので、項目の内容を覚えておきましょう。

Copyright (C)2017初めて賃貸物件を借りる時の注意.All rights reserved.